スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プネの衝撃

プネで泊まっているホテルの内装はこんな感じです。

20091118 189

3つ星ホテルですが、ちょっと汚い感じ。
部屋もせまくて圧迫感があります。

カーテンの奥にはクローゼットと机が置いてあるスペースがあり、さらにその奥には洗面所とバスルームがあります。




ちなみに泊まっている部屋は1階の角の部屋で、隣は厨房です。





プネ2日目の朝。

出張最終日ということで仕事に行くために、いつものように7時に起き、シャワーを浴びました。

シャワーを終えてタオルで顔を拭き、部屋に戻ろうとバスルームの扉をあけると、扉と床の隙間に隠れるかのように、スススと動く物体が。





そうです。やつです。
ゴキxリです。





まあ、慌てず後で対応しようと思い、いったん部屋に戻り、ベッドの上に置いていた下着とズボンをはきました。

シャツは部屋とバスルームの間にある机のうえに置いていたので、無造作に手でつかんで着ようとすると、サーッと背中にイヤーな感触が走るのを感じました。











・・・・・・














ゴxブリに背中を這われてもた














うげぇーーーーーーーーー








いま思い出しただけでもオゾマシイ。。。

インドのヤツはかなりでかい。
日本のヤツも結構なものがあるが、それに匹敵するとも劣らない。

ヤツなんて、日本でここ数年見た記憶がないので、どんな動きをするかとか、どんなスピードだったか、忘れていたが、
インドのヤツは素早い、そして人見知りをしない。

背中を這われたことで精神的ショックを受けている私を尻目に、部屋の中を縦横無尽に動き回りはじめました。

ここはいったん眺めのよい場所に行って形勢を立て直さねば。
と、ベッドのうえに立ち、ヤツの動きを見張ることに。

その間にも相変わらず縦横無尽に動き回っています。
そのうちベッドの下の隙間(20cmくらい?最初の写真参照)に潜りました。

この間にヤツをしとめる武器を持とうと思った瞬間、目に入ったものはベッドの上に上がってきたヤツ。


ベッドの脚をつたって上がってきたようです。

マジで。。。

日本のヤツってこんなに積極的だったっけ。。。

そしてヤツは大体2秒くらいでベッドの端から端まで渡り、脚をつたって降りては、また上がり、ベットの上を這いまわり、まあやりたい放題。

マジで。。。はえー。

ってまさか寝てる間にもこんな感じで。。。

いや、それは考えないことにしよう。。


さすがにこんな傍若無人な行動は許されるものではないため、スリッパを武器にヤツがベッドの脚に来たところでバチコーンとひっぱたきました。

見事に一撃で仕留めました。

この時の私はかつてないほどの集中力を発揮していたことでしょう。

しかし、ヤツは微妙にまだ生きています。

そろそろ朝食の時間ですが、さすがにヤツを放置したまま、部屋を出たら何されるかわかりません。たとえ瀕死の状態であっても。

ホテルの従業員を呼んで、清掃してもらうことに。

ほどなくして、従業員がきました。

従業員はヤツを見ると、

「大丈夫!心配しないで!!きれいにしますから」

と心強い言葉。

どことなく、「なんだよ、そんなことかよ。」的な感じの表情。


そして慣れた手つきでヤツを片付けました。



正確には、慣れたように手でひょいとヤツをつかみ、片付けました。


うーん、インド人恐るべし。


その後、朝食を取りにホテルのレストランに行きましたが、ショックで食事がほとんど喉を通りませんでした。。。

衝撃。。

ヤツにも、インド人にも。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。