スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Queensryche

休日にTVを見ていたら、Brother&SisterというアメリカのTVドラマのCMでQueensrycheというバンドの曲が流れていました。

Queensrycheはアメリカのハードロックバンドで、私が高校・大学のころ聞きまくっていたバンドですが、懐かしさの余りバンガロールのCDショップでいくつかCDを購入。

ピンクフロイドやドリームシアターのようにプログレッシブロックの分野にカテゴライズされる彼らですが、実際はプログレのように仰々しく長い曲であったり、変拍子のある曲は少なく、意外とストレートな曲が多い。

特筆すべきは社会性のあるメッセージと、それを圧倒的な表現力で歌い上げるボーカルのジェフテイトの歌唱力でしょう。

また、毎回アルバムごとに作風を変えるのも特徴。
ハードロック(ヘビーメタル)→ポップロック→プログレッシブロック→グランジ、と変遷し、その後は一貫してグランジに代表されるダークな曲調になっています。

グランジ方面に走り出してから私も聞かなくなったのですが、今年の6月に発売したニューアルバムは、グランジっぽいとはいうものの何曲かいいものもあり、悪くはないアルバムかなと思います。
ちなみにイラク戦争を題材にしたコンセプトアルバムだそう。

もう今一度、活躍を期待せずにはいられないバンドのひとつです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。