スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エローラ①

アウランガバードからオートリキシャーで1時間程度の距離のところに世界遺産であるエローラ石窟があります。

8世紀の中ほどから約1世紀をかけて作られた石窟寺院の集まりで全部で34窟あります。

1~12窟は仏教、13~29窟はヒンドゥー教、30~34窟はジャイナ教、と3種類の異なる宗教の石窟が破壊されず保存されております。
インドの宗教の寛容性を示す良い事例として取り上げられることもあるそうです。

オートリキシャーを降りて、入口でチケットを買った後は徒歩で歩きまわります。

まずは1窟の仏教窟から見て回りました。

1窟にたどり着いた瞬間、我々の横を颯爽と走り抜けるインド人の子供たちが。
手にはクリケットのバットとボールが。

「いぇ~い!!」
「こっち、こっちー!!」


20091228 013



いぇーいじゃねーよ、あほ。
世界遺産の中でクリケットするなよ。



世界広しといえども、世界遺産でクリケットする民族はインド人くらいのものであろう。

さすがにインド人の大人に怒られていましたが、クリケットの道具を持参する神経が全然わかりません。

気を取り直して観光へ。主だったところだけ紹介します。

これは仏教窟で一番メジャーな第10窟の入り口。

20091228 020

中の作りも他に比べて割と精巧に作られていました。

20091228 023

お次はヒンドゥー教の寺院。

20091228 035

シヴァ神です。

20091228 030

第2の大きさを誇る第29窟には怒り狂うシヴァ神の姿が。

20091228 095

そしてお決まりのシヴァ神のリンガ(男根)が。

20091228 098

エローラは岩山を人がノミだけで切り開いて作り上げたというのが何ともすごいところ。

そしてジャイナ教の石窟群。
第32窟。

20091228 087

ジャイナ教の寺院にはこういった素っ裸の人の姿を見ることがよくあります。

20091228 086

ジャイナ教は戒律が厳しく、素っ裸は所有しないという「無欲」の象徴として描かれているそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。