スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エローラ②

エローラにおいて最大の規模を誇るのは第16窟のカイラーサナータ寺院。

エローラ石窟が完成に約100年もかかったのは、この寺院を作るのにほぼ費やされたといっても過言ではないでしょう。当時のインド人の平均寿命が30歳前後だったとのことなので、何世代にもわたる作業。

さっきのエントリーにも書きましたが、エローラのすごいところは、岩山から人がミノで切り開いていったというところ。
下から石を積み上げて作ったのではなく、上から石を掘って作り上げたのです。

これがカイラーサナータ寺院の正面。

20091228 083

正面の門から中に入った様子。
シヴァ神をまつる祠であるため、寺院の側面にはシヴァ神にまつわる神話であったり、インドの有名な叙事詩である「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」の場面がいたるところに浮き彫りされています。

20091228 037

横から見た様子①。

20091228 038

横から見た様子②。

20091228 043

後ろから見た様子。
写真の左下に映っている人と比較すると巨大さがわかると思います。

20091228 046

右後ろから見た様子。

20091228 044

こうやって見ると岩肌を切り開いて作ったことがよくわかると思います。

20091228 048

ここで見えている空間をすべて人が掘ったということですな。
これは正直すごいです。

いったいどうやって設計したんだろうか、と思います。
昔の人の想像力は現代人をはるかに超越していたんでしょうか。

寺院の隣には階段があって、上から寺院を見れるので登ってみました。

20091228 062

結構高くてすこし怖い。

20091228 066

上(横?)から寺院を見た様子。

20091228 070

生で見ると写真よりももっと迫力があります。
彫刻の繊細さも素晴らしいが、その巨大を再認識。

なお、ここから美しいデカン高原が一望できました。

20091228 074

デカン高原とインド人達のショットも。

20091228 072
スポンサーサイト

コメント

No title

ブログ拝見しながら旅行気分を味わいました。

岩肌を切り開いて作ったって、どのぐらいの日数がかかったんでしょう。
発想がすごいですね。

お天気もよかったみたいで、高原の見晴らしがキレイ・・・

No title

>発想がすごいですね。

ですね。人の能力に限界がないということを感じます。

>高原の見晴らしがキレイ・・・

気温もそこまで暑くなかったので、非常に心地よかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。