スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリー③

バスはコンノートプレースに着きましたが、その先のニューデリー鉄道駅に行きたかったので、そのまま乗ることに。

ようやく着いたと思ったら、地下鉄のニューデリー駅。

20100210 032

ニューデリー鉄道駅は通り過ぎてしまったようです。

地下鉄と鉄道駅はすぐ近くにあるものの歩いて行くのはちょっと距離があるので、サイクルリキシャーを使うことに。

20100210 042

20ルピーくらいだったかな。(忘れた)
出発。

20100210 033

坂道はさすがにペダルを漕ぐのが厳しいようで、手で押していました。

20100210 036

ニューデリー鉄道駅までの道はでこぼこの道が多いのですが、お構いなく進んでいきます。

20100210 039

ものすごい揺れで何度も自転車が倒れるんじゃないかと思いました。無茶するなよ。。

なんとか無事、ニューデリー鉄道駅に到着。

20100210 043

実はニューデリー鉄道駅で試してみたかったことがあります。

この駅の2階には外国人専用の鉄道の切符売り場があります。

地球の歩き方やネットの情報によると、この切符売り場に上がる階段の前に複数のインド人が待ち構えているそうです。

彼らは旅行会社関係の人たちで、
「今日は切符は売り切れたから、切符は買えないよ。うちの店で格安で売ってあげるよ。」
「今日は切符売り場は閉まっているから、切符は買えないよ。うちの店で格安で売ってあげるよ。」
「切符売り場は廃止されたから、切符は買えないよ。うちの店で格安で売ってあげるよ。」
「~に行く切符はここでは買えないんだ。だが、うちの店なら用意できるよ。格安で売ってあげるよ。」

・・・・・

とかなんとか、あの手この手を使って、侵入を阻止して自分たちの店に勧誘するそうです。

これが本当かどうか試したかったのです。

ちなみにタージマハルがあるアグラには車で行くつもりなので、鉄道の切符は我々は不要。
危なそうだったらすぐに引き返すつもりでいきました。

階段に近づいてみると、確かに階段の前に複数のインド人がいます。
見た目も怪しそうなやつらばっかり。

そろそろ勧誘してくるかな、と階段に足をかけインド人達の横を通りましたが、

あれ、スルー。。

あっさりと外国人用の切符売り場に行けました。

我々が行ったのは夕方ですから、この時間帯は安全なのかもしれません。

切符売り場の場所も案内があって、すぐにわかりましたので、改善されたのかもしれません。

ニューデリー鉄道駅前の風景。

20100210 041

道路沿いに店を構えている旅行会社は法外な値段でツアーを組んでくるので要注意だそうです。
悪質な店が特定できているんだったら検挙すればよいのに。。
インドっぽいな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。