スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリー④

ニューデリー鉄道駅から歩いてコンノートプレースへ。

ここはデリーの中心地で、レストランや映画館、銀行等々が集まっています。

交通量も多く道路を横断するのに一苦労。

20100210 044

ここでオートリキシャーを拾ってインド門へ。
ムンバイにもインド門はあり、日本語表記は同じですが、デリーは「Indian Gate」、ムンバイは「Gateway of India」というそうです。

オートリキシャーのおっちゃんに「Gateway of Indiaまで」というと。
「違う違う。Gateway of Indiaはムンバイ。デリーのはIndian Gateだよ」と説明されました。

GatewayとGateの微妙な違いがよくわからん。
ムンバイのインド門は港のすぐそばに立っているのに対して、デリーのそれは陸地に立っているので、Gatewayは出発点としての門、Gateは通過点としての門という違いでしょうか。

道中このおっちゃんがいってたこと。
「広島、長崎」
「日本は世界一の技術大国だ」
どこいってもこの話題です。

さてインド門に着きました。

ちょうど日没の時間で夕日とインド門のコントラストがいい感じ。

20100210 048

インド門は第1次世界大戦で戦死したインド兵士の慰霊碑。

20100210 049

壁面には戦没者1万3500人の名前が刻まれているそうです。

20100210 052

インド門から続く道の先には国会議事堂があります。(写真はないです)
この辺りは静かで人もそれほど多くなく、インドの喧騒を忘れることができます。

インド門の近くにはデリーのタージマハルホテルがあります。
さすがに疲れたので夕食はそこでとることに。
流しのタクシーが少ないので、帰りのタクシーをホテルでつかまえることも目的の一つ。

エントランス付近の様子。

20100210 058

ムンバイのタージマハルホテルと同等かそれ以上の豪華さ。

ホテル内のインド料理屋で夕食を。

チキンにマンゴーソースをかけたもの。

20100210 064

うーん、お上品でおもしろい味。
うまいかまずいかと言われると、まずくはない。

ライスと豆をリゾット風にしたものにエビを添えたもの。(カレー味)

20100210 066

うーん、お上品でおもしろい味。
うまいかまずいかと言われると、まずくはない。

正直お上品すぎてよくわからないな。。

ちなみに食後のお口直しでこういう葉っぱがでてくることがあります。

20100210 067

おそらくココナッツとミントを葉っぱで巻いたものですが、あまりうまくない。
ちなみにインド人はお口直しで食後に葉っぱを食べる人が多いですが、道端に生えている葉っぱを取って食べている人も結構います。(まじで)

夕食を終えた後はタクシーでホテルへ。

2日目以降もハードスケジュールなので早々と寝ることに。

1日目終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。