スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アグラ②

タージマハルの駐車場に着きました。

駐車場から入り口までは距離があるので10分ほど歩かなければなりません。

入口まではこんな乗り物も。

20100210 183

ラクダです。
せっかくなので乗ってもよかったのですが、進行速度が遅すぎたので、ちょっと遠慮しておきました。

エントランスには長蛇の列が。

20100210 184

20分ほど並びました。
並んでいる途中に観光ガイドがしきりに勧誘してきました。
ガイドを頼んでもよかったんだけど、なんとなく自分たちで見たかったので断ることに。

これがタージマハルに行く正面の門。

20100210 186

正面の門を入ると、あのタージマハルの姿が。

20100210 191

タージマハル。

20100210 193

やはりあのタージマハルを目の前にすると、心臓はバクバクするし、鳥肌が立ちました。

20100210 200

20100210 203

遠くから見るとタージマハルの大きさは実感できませんが、近づくにつれやはりその大きさと重量感はわかります。

20100210 213

この建築物がただの墓であり、その墓のためにこれだけの大理石を使ったというのは脅威という他ない。

20100210 216

20100210 228

シャージャハーンは妃のためにムガル帝国の国力を傾けて、このタージマハルを建設したというが、確かにこんだけ大理石を使えば国は傾くのもうなづける。
(シャージャハーンは前出のラール・キラーもこれと同時並行で建設させていた)

タージマハルもそうですが、当時のムガル帝国の勢いを感じざるを得ませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。